ピアニィ陛下とアル様をくっつけ隊

アリアンロッド・サガ無印のアルとピアニィにひたすら萌え滾るブログです。 かなりの妄想と曲解が含まれる上にリプレイ萌えというニッチジャンルの為、お読みになる際は相応の覚悟と寛大なココロをご用意ください。

Entries

web拍手 by FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

姫君からの心づくし♪オーバーキル!

むかしむかし、でもないころ。
ひとりの姫君の前に、四人の語り部が現れて、姫君と仲間たちの物語をつづりました。
いちばん最初に始まった、いちばん長い物語が終わったとき、姫君は思いました。
こんなに素晴らしい物語をくれた語り部たちに、お礼参りがしたいと―――

【お・礼参り】(おれいまいり)
 1:神仏に願ったことが成就したとき、お礼の意味合いで詣でること。
 2:不利益をこうむった相手に、関係解消後にしかえしをすること。
    (goo辞書・実用日本語表現辞典より)


と、やっぱりやっておきたかったお礼参りネタでした(笑)
ともあれ、遅くなりましたがきっちりしっかりたっぷりレビューしますよオーバーキル!!!(掛け声)

まずはアマゾンさんでどーん。
アリアンロッド2E・リプレイ・オーバーキル  ピアニィの不思議なオルゴール (富士見ドラゴンブック)アリアンロッド2E・リプレイ・オーバーキル ピアニィの不思議なオルゴール (富士見ドラゴンブック)
(2014/01/18)
大竹 みゆ/F.E.A.R.

商品詳細を見る
われらが姫様初の著作♪


イラストレーションはサガ各種書籍においてシナリオカットやNPCパーソナリティイラストを担当された冬城あおい先生です♪(≧∇≦)
さて、冒頭はおとぎばなし風ですが間違ってはいないのでした。
サガの終了後、われらがみゆ様の元にかかってきた一本の電話。
鈴吹社長からのその電話は、『リプレイを一本書いてみないか』というものでした。
サガ終了を記念して何か、新しい物語をアルディオンから提供するという試みを富士見さんと相談した結果、みゆ様に白羽の矢が立ったのだそう。
わずかに時間はあったものの、引き受ける返事をしたみゆ様の口から飛び出したのが、冒頭のお礼参りだったわけで(笑)
いやはやなんともみゆ様らしい。たぶん、マジです。

セッションをするにあたって、プレイヤーは今までサガでお世話になったメンバー、ということで…
「サガ無印」GM、ゲッタウェイではプレイヤーとして共演した菊池たけし先生
「エチュード」GM、ゲッタウェイとイェーガーでプレイヤー共演、ルティナスでもごいっしょの緑谷明澄先生
「ゲッタウェイ」GM、イェーガーではプレイヤーとして共演した藤井忍先生
そして「イェーガー」GM、無印では共演し、この企画を持ってきた本人である鈴吹太郎先生
これら、百戦錬磨のGMたちを相手に立ち向かう為に、みゆ様が相談した相手とは…(フェイドアウト)

と、そんな感じの本文ですが、語り口調はとても優しいです。
私は申し訳ないことに読んだことがないのですが、みゆ様の親友藤澤さなえ先生のリプレイを思わせる文章だとか。
緑谷先生のリプレイにも似ていると思いました(*´∀`)

そして、物語の中のとある要素と、作者みゆ様のご意向を反映しまして、感想部分は時間が経っていますけど閉じで。
だってだって、公表されたらピアニィ陛下が恥ずかしくて死んじゃうっておっしゃるんだもの、しょうがないじゃん!!
というわけで、注意書き。

※CAUTION※
このあとの追記には、「アリアンロッド2Eリプレイ・オーバーキル ピアニィの不思議なオルゴール」の内容が
私の愛ほどに溢れております。未読のお方はいったんスルーして、本文をお読みの上でご覧下さい。

守れない人は「フロストプリズム☆(物理)」

ほんでもって、思った以上に長くなったので急遽分割だよ!!(笑)
何分割になるかはいまだ私にもわからない。




てなわけでー。
タイトルにピアニィとあるだけに、ピアニィ陛下視点の語りも入っている本文。
ピアニィらしい装丁になるように、といろいろ凝られたそうで(*´∀`)見てると幸せ。

第一話のタイトルは『ただ、貴方に逢いたくて』
切なくも素敵なタイトルです。

4人のプレイヤーに手渡されたハンドアウトは、それぞれがGMとして関わったみゆ様のキャラクターから頼まれごとをするというもの。
「あなたにしかお願いできない」という難題とはいったい何か。
PC番号は、無印からイェーガーにかけて順番でございます。すなわち。

きくたけさんが、ピアニィ陛下からの頼まれごとを受け取るフェリタニアの家臣ミズーリ。クラスはメイジ/セージ。
無印ってことでご縁のあったタスラムじーちゃんと同輩の、渋めのエルダナーンメイジを目指されたんですが…その経歴は謎に包まれている、なんていうものだからあだ名が謎ダナーンに(笑)
緑谷先生が、ユファちゃんから頼まれごとを請けるシェルドニアン学園の生徒イオ。クラスはウォーリア/ファランクス。
実は、家臣に裏切られて少年に身をやつす亡国の王女ロベリアであるという秘密を抱えるイオは、王女時代に会ったユファちゃんには秘密のない親友として接しているといういい話。
藤井先生が、リージュちゃんから秘密のお願いをされるビルベリの住人ユズリハ。クラスはシーフ/ダンサー。
ヒルダ姉様とは違う視点でリージュちゃんを見守る、セクシーな東方出身猫族のお姉様。ただしあだ名は『はにゃ~ん様(きくたけさん命名)』
鈴吹社長が、チャイたんからの悩みの相談を聞く少年錬金術師カレル。クラスはアコライト/アルケミスト。
チャイたんを拾ったブレンド家の息子さんで、あのまあるいフォルムが大好きというちょっとヘンな天才ハカセ君。名前の由来は、「ロボット」という言葉の生みの親といわれる劇作家/新聞記者、カレル・チャペックです。

メンバーはこの4人、ギルドの名前はそのまんま、オーバーキル!
これはみゆ様が事前にシナリオタイトルとしてつけてきたものを採用したものですが、がんばればたぶん誰も死なないそうです(笑)
 
そしてここでフォントもかわいいピアニィ陛下の語りが入って、わたし冷静さ放棄。
ああああああああああああかわいいかわいいよ陛下、恥ずかしがっちゃうとかもう本当に! ほんとうにかわいい! 丸文字なのもかわいい! よし落ち着いて。

時勢は、帝紀八一五年。大崩壊のあと、ピアニィ陛下がアヴァロンにたどり着きアルディオンから姿を隠された頃。
世情も不安なひとときに、それぞれに心配事が舞い込みます。

まずはイオさん。バーランドに仮移設したシェルドニアン学園の寮の一室、ユファちゃんのもとへと深夜の呼び出しです。
熱があり、顔を高潮させふらつき気味でベッドに横たわるユファちゃんは、「親友のあなたにしか頼めない」と秘密のお願いを。
大切な、大切なあるものが盗まれてしまい、そのせいで夜も眠れず体調を崩してしまったのだというユファちゃん。
いったいその大事なものとは…?とたずねると、もじもじした後で「ロベリアにならお話してもよくってよ!でも絶対に秘密にしてね!」と思いきって告白…なんと、抱き枕だと。それも、まだ見ぬ王子様の想像図を描いたもの。
…まあ、うーん、ギルドのメンバーは笑ったりしないと思いますよ…ユーキリス君とルーチェちゃんが優しい目で見つめるだけで(笑)
あ、パル君も引かないですねきっと。ただちょっと不思議がって「ユファのやつ、そんなもんを大事にしてんだなー。変わってるのかな?」って周りに悪気なく聞きそうなだけで。(そして周りはドン引きする)……うん、イオさんにしか頼めないね!!(笑)
それはともかく、盗まれたとなれば犯人も存在いたします。ユファちゃんは犯人の姿までは見ておらず、残された手がかりはクマの絵が刻まれたコイン。おりしも、最近熊の形の入口をしたダンジョンが見つかったと言う。
そのコインを握りしめ、イオさんは必ず大切なものを取り戻すと約束して旅立ちます。

続いてはユズリハさんのオープニング。
ビルベリに一軒家を借りて住んでいる彼女のもとに、内密でお話したいからとほっかむりで訪ねてきたリージュちゃん。余計目立ちそうです(笑)
実は大変なことが…と話し出したのはなんと、肌身離さず持ち歩いているはずの二丁の魔導銃をひとつ、盗まれてしまったと。
戦闘大好きのリージュが武装をなくすなんて、キャラ崩壊するんじゃないかと、プレイヤー陣のほうが心配してるのがなんともいえません(笑)
もちろん自分で探しにいきたいけど、片方だけの魔導銃では調子が出ないし、ヒルダをはじめとする仲間達もビルベリの仕事があって身動きが取れない。そこで、親友のユズリハにしか頼めない…というお願いに、一も二もなくうなずくユズリハさん。
朝起きたらなくなっていたという魔導銃の代わりに、置いてあったのはやはりクマの刻まれたコイン。
「銃を持っていない女の子なんてお嫁にいけません!」と嘆くリージュに、その悲しみを必ず取り除くと約束して、ユズリハさんも旅立つのでした。

三番目はカレルくん
イルシールの大学に通う少年のもとに、いとしのチャイからイルシールに来たので会いたいとの連絡があります。
心弾ませかけてゆくと、そこには…しょんぼりしたチャイの姿が。
レベルアップ作業と言う名のメンテナンスをしながらワケを聞くと、とてもとても大切なあるものが盗まれてしまったのだそう。
それは錬金騎士団所属時の初任給で買ったと言う大事なものなんですが…それが何かは『恥ずかしくって言えないっちゃ!』だそう。
落っことしてなくさないように、きちんと名前は書いてあるというそれをなくして、チャイたんはまあるいからだが変形するほどしょんぼり。
落胆のあまり、性能の値まで低下してしまった愛しいひとのために、若き天才アルケミストは立ち上がります。
やっぱり、残されていたのはクマのコイン。その手がかりを持って、カレルくんもまた旅に出るのでした。

最後は謎ダナーンことミズーリさん
ちなみに、妙なアクセントでしゃべると言う小技を効かせてくださったために、著者みゆ様が『どう表現したらいいの~?』と困る場面も。しゃちょーのアドヴァイスにより、発言の一部をカタカナにすることで対応しております。
陛下不在で多忙な日々を送りつつも日課の乾布摩擦を欠かさないミズーリさんのもとに、小さな白い竜―――ヤンヤンが手紙をくわえて来ます。
差出人は、現在アヴァロンにいるピアニィ陛下。『今朝大変なことが起きて、ミズーリさんの力を借りたい…』と始まる手紙は、きくたけさん譲りの手紙と会話ネタをしっかり仕込んでおります(笑)
経緯は他のみんなと同じく、大切なものが盗まれクマのコインが残されていた…と言うものなんですが、ピアニィ陛下の居場所は幽界の都市アヴァロン。コレは、なかなかの手だれに違いないと気を引き締めるプレイヤーたち。
「その大切なものがないと、あたしは夜も寝られません」と訴えるピアニィ陛下のお手紙。
ところが―――何度読んでもひっくり返しても、その盗まれたものの正体が書いていない。
何も分からず探すなんて無理に決まってるでしょう!と追求するミズーリに、
「文面に残して誰かに見られでもしたら、あたしは恥ずかしくって死んでしまいます!! 名前の書いたタグをつけていますから、それを手がかりに探してください! 見つけても他言無用、誰かに話したら《フロストプリズム》ですよ!!」
と返す手紙に、平伏する勢いでミズーリさん了承(笑)

かくして、4人は運命に導かれるように、アルディオンのどこかに出現した「熊さんの形の入口のダンジョン」へと向かうのでした…
(この「どこか」は比喩ではなく、GMみゆ様はめっちゃ広い範囲「エストネルとビルベリとゴルフォードとレイウォールの間」を指定しておりました(笑)さすがにアバウトに過ぎるということで、バーランド北東の森の中に変更されています。)


……というところで、一回切って投稿だよ!!
私このペースで行くとどれだけ突っ込みと愛を叫び続けるんだろう!!
スポンサーサイト

Comment

この時を 

待っていましたぞォー! 隊長ォォォー!

というのは置いときまして…相変わらずの平常運転ですね(笑)。お久しぶりのsilvaです。
内容については隊長が語ってくれると思いますのでお任せします。
…第一話クライマックスの感想記事で途轍もなく叫ぶ隊長が見えた気もしますが(笑)。

大竹さんのPCってこうしてみるとアリアンだけでも結構いますね。
  • posted by silva 
  • URL 
  • 2016.08/24 09:33分 
  • [Edit]

ありがとござまーす 

コメント返し遅くなりまして!夏休みって何でこんなに長いの!

>silva様♪
はーい、ありがとござます!(≧∇≦)ノ 
ちょいちょい叫ぶ騒がしい感想記事になると思われます(笑) 
しかも書き貯めしてないから、どれだけ暴走するのか私にも不明。
みゆ様のPCはちょうど4人だったのでセッションにぴったりでした(笑)
ちなみに、その上を行くのがきくたけさんの5人、最大はしゃちょーの6人です(誰なのかは一覧表ご確認下さい)
  • posted by さいころまま 
  • URL 
  • 2016.09/05 23:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

|ω・`)ノシ

さいころまま

Author:さいころまま
好きなダイスは赤のクリスタル。

*本ブログはリンク受付しておりません。無断リンクもやめてね*
*アリアンロッド・サガ・リプレイは有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチの著作物です*

最新記事

メールフォーム

何かありましたらこちらへ

名前:


本文:

もしくはsaikoromamaあっとまーくhotmail.co.jpまでお願いします。(あっとまーくを半角記号@にかえてくださいね)

隊員数

カウンタ設置してみました

こっそりショップ

右サイドメニュー

応援バナーなど


大竹みゆ様とあたいわだれか様の音楽サークル♪
Far East FESTIVAL FEARオンリーイベント! Far East FESTIVAL やりますアンソロジー!

ついったー

こっそり作ってみた、ピアニィ陛下ボットです(笑)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。